労働保険・労災保険・雇用保険(小規模企業向け)

労働保険といっても、労災保険、雇用保険、一般拠出金に対しての支払いになる。
労働保険は、従業員を一人でも雇ったら強制的に加入が義務付けられている。
なお、一般拠出金は、石綿による健康被害の救済に使われる。

ただし、次の人は雇用保険の対象外である。
・役員
・事業主と同居している親族(例外あり)
・パート(1週間の所定労働時間が20時間未満の従業員)

それと、満64歳以上の従業員は雇用保険料が免除される。

労災保険については次の人が対象外である。
・役員
・事業主と同居している親族(例外あり)
[記事全文]




本記事に関するお問い合わせはこちら
その他、情報提供、ご意見、ご感想はこちらまで。




特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー(個人情報保護方針) | サイトご利用規約 |

(C) 2009-2011 OSANAI CO., LTD. All rights reserved.