予定利率が高かった時期に加入した保険の扱い

保険を解約するのは、予定利率を確認してからでも遅くはない。
例えば、収入が減ったりして、保険料を払い続けるのが苦しくなったとき、単に保険を解約してしまうのではなく、「払い済み」を検討した方がよさそうだ。
特にバブル期などに加入した保険の場合、要確認。
[記事全文]




本記事に関するお問い合わせはこちら
その他、情報提供、ご意見、ご感想はこちらまで。




特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー(個人情報保護方針) | サイトご利用規約 |

(C) 2009-2011 OSANAI CO., LTD. All rights reserved.